ごあいさつ


謹啓 皆様におかれましては、時下ますますご清栄の段、お慶び申し上げます。
さて、私儀2019年5月20日に開催されたペットフード公正取引協議会第44期通常総会及び理事会におきまして、第45期及び第46期の会長を務めることを仰せつかりました。微力ではございますが、当協議会の適切な運営に誠心誠意尽くして参りますので、皆様のご指導、ご支援並びにご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

今年は、新天皇のご即位に伴い元号も平成から令和に改められました。振り返りますと、平成の御代は国内に於いては騒乱こそなかったものの、相次ぐ震災により、大切なご家族、ご友人、愛犬・愛猫等多くの生命が奪われ、苦難に見舞われることも多かったように思います。被災者の皆様には改めて折衷よりお見舞い申し上げますと共に、令和を迎え、新たな希望の途が開かれることを切にお祈りしております。

さて、当協議会は、「不当景品類及び不当表示防止法」(昭和37年法律第134号)第31条第1項に基づき、昭和49年10月に公正取引委員会の認定を受けて、ペットフードの表示に関する事項を定めた『ペットフードの表示に関する公正競争規約』及び『ペットフードにおける景品類の提供の制限に関する公正競争規約』を円滑かつ適正に運営することにより、事業者間の公正な競争を確保し、もって、一般消費者の合理的な商品選択に資することを目的とし設立されました。以来、公正競争規約の遵守および普及・啓発の為の活動を行っております。

また、近年ではペットフードの表示に係る他の法規制につきましても、農林水産省及び都道府県の動物薬事ご担当官との連携を図って参りました。例えば、農林水産省のご担当官をお招きして、『愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律』の最新情報や、ペットフードの表示における医薬品的効能効果の考え方についてご講義をいただいたり、必要に応じてガイドライン等を作成・改定し、当協議会のホームページにも掲載しております。

当協議会では、消費者のご要望の多い『脂肪ゼロ及びこれに類する表示に関する運用基準』を新設したり、定期的に実施しておりますペットフード試買検査会並びに講習会等を通じて、ペットフードにおける正しい表示の遂行と企業コンプライアンスの向上を図りつつ、より一層、消費者の利益に資する本来の表示のあり方を考えてまいる所存であります。

一般消費者の皆様をはじめ、ペットフードに携わる事業者の皆様方におかれましては、今後とも、当協議会の活動にご理解とご協力を賜りますよう、切にお願い申し上げます。

敬白


2019年6月

ペットフード公正取引協議会 会長

小原 俊郎